Pocket

 

会話は家族、友達、職場でなくてはならないもの。苦手だからといって避けて通ることはできません。そんな会話の中、自分の言いたいことがまとまらない、相手に上手く伝わらないと悩むことはありませんか?

 

私

会話中、自分の頭の中で思ってることが上手く話せないんだ。メールや文章で書くことは伝わるんだけど、相手を前に話すとダメ。良く分からないことを言ってしまい、相手に「えっ?」っていう反応をされてしまうんだ。

 

話しているうちにだんだん自分が何を言いたかったのか分からなくなってしまう、頭の中がごちゃごちゃになってしまって何を言ったらいいのか分からない。相手を混乱させるような言い方をしてしまう。

 

相手に上手く伝わらず「は?」「何言ってるの?」という反応をされてしまうと、話すことに自信をなくしてしまいますよね?会話が苦手な人にとっては話すことが億劫になりさらに話すことができなくなってしまうのではないでしょうか。

 

会話をしている時はメールや文章を書いている時とは違い、ゆっくり考える時間がないことがほとんどです。とっさに考えて話さなければならない。とっさに頭の中で話の内容がまとまらないと、上手く伝えることが難しくなってきます。

 

今回は、話がまとまってないとはどういうことなのか、話がまとまらない人の特徴をご紹介します。

 

 

話の内容がまとまっていないとはどういうことか

 

言いたいことが分かっていないから伝わっていない

自分の話したいことがぼんやりとしている、頭の中が整理できていないまま話そうとする。言いたいことが自分でも分かっていないのだから当然、相手にも伝わりません。

 

会話が苦手だったり、話すことがあまり得意ではない人は、自分の言いたいことを整理せずに慌てて話してしまうからこうなってしまうことがよくあります。

 

自分が何を伝えたいのか、何を話したいのかを頭の中でイメージする練習をする必要があります。

 

そもそも話の内容を理解していない

上手く話せない原因の一つに、話の内容を理解していないことが挙げられます。自分の言いたいことが伝わらないのは、そもそも話の内容を理解していないから。理解できていないので、言いたいことが頭の中ではっきりイメージできていないのです。それでは相手に伝わるはずがありませんよね。

 

相手の話を聞いていて、自分はちゃんと理解したつもりでも、いざ話すときに「あれっ?何だったっけ?」てなったりすることはありませんか?これは理解できていないから。理解したつもりでいただけなんです。

 

相手が話している時、相手が言いたいことは何だろう、何を伝えたいんだろうと考えて聞くと理解できるようになります。最初は難しいですが、日頃から意識していくことでだんだん理解できるようになるでしょう。

 

途中で話が脱線してしまい何が言いたかったか分からなくなる

会話の途中で話が脱線しやすい人も話の内容がまとまらないことが多い傾向にあります。

 

例えば話がまとまらないという話をしていたのに「そいえばまとまらないと言えば、自分の部屋も上手くまとまらなくて~」のように話が脱線してしまい、気づけば家具の話。「何の話してたんだっけ?」と分からなくなってしまう。

 

このように、脱線ばかりしてしまうと余計な情報が多くなり、相手に何が言いたいのか伝わりにくくなる。相手は理解できなくなるでしょう。

 

 

話がまとまらない人の特徴

 

自分に自信がない

話がまとまらない人の特徴に自分に自信がないことが挙げられます。自分の話に自信がないからしっかり説明しようとして長々と話してしまう。要点だけ話せばいいのに、その背景や自分の思い等、余計なことまで話してしまうのです。

 

余計なことまでごちゃごちゃ話すので結論が分かりにくく、相手には何が言いたいのか理解してもらえなくなります。

 

自分の持っている情報をすべて出そうとする

これも自分の会話に自信がない人に多い傾向にあるのですが、話がまとまらない人の特徴に自分の持っている情報をすべて出そうとすることが挙げられます。

 

自分の話に自信がない人はしっかり説明をしようとするので、自分の知っている情報をすべて出すことで相手に伝わると考えます。しかし、その中には余計な情報もたくさん入っているので、余計な情報が多くなり、何が言いたいのか分からなくなる。

 

情報量を増やすことで相手に伝わりやすくなると思うかもしれませんが、逆です。情報を詰め込み過ぎると話が複雑になりやすく、本当に伝えたいことが霞んでしまうことが多いので気を付けましょう。

 

脳が疲れている

話がまとまらない人の中に、脳が疲れていることがあります。仕事等でストレスが溜まっている、睡眠不足、寝る前まで携帯やパソコン等のブルーライトを浴びていることで、脳がちゃんと休めていなかったりします。

 

脳が疲れていると思考力が低下するので、頭の中で情報の整理をすることが上手くできなくなったり、相手の話を理解しづらくなったりします。

 

寝ることで脳の疲労は回復しますので、寝る前の携帯、パソコンは控えてゆっくり寝ましょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?今回は話がまとまっていないことはどういうことなのか、話がまとまらない人の特徴についてご紹介しました。

 

話を上手くまとめて話すには、日頃から自分が何を伝えるのかを考える、という練習が必要になります。初めは慣れないことなので上手くいかないかもしれません。しかし、意識して毎日練習することで上手くできるようになります。

 

ぜひ練習して、自分の伝えたいことを上手く伝えれるようにしたいですね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「いいな」と感じていただけましたら下のランキングバナーをポチっと押していただけますと嬉しいです。

よろしくお願いします。

 


人気ブログランキング

Pocket